« おいしいつくねが食べたいときは | トップページ | クドカンやばい »

展示会狂想曲

連休明けの某イベントに向けて準備に余念がない今日この頃だ。あ、もちろんお仕事の話よ。コミケとかじゃないから!(ちなみにコミケは大昔大田区産業会館で開催されていた頃に一度いったきりである→もう30年くらい前よ)コンピュータ関係の展示会ね。

私は間口半間くらいのデモブース(通称1コマ)の担当だ。今年はそこで製品ではなく研究所で開発中の最新のプログラムを展示することにした。小さなブースでも準備は大変。まず早期に決める必要があるのが電源とネットワークの手配。そのブースで使うパソコンや液晶ディスプレイ、その他電源が何口、どれくらいの容量が必要か、回線はADSLかはたまた光を使うのかなど、まだデモ内容も決まらないうちに会場設営会社さんに連絡しないといけないのだ。また、集客のためのWebページやダイレクトメールのご案内に掲載するためのデモの紹介を(何度もいうが内容も決まらないうちから)する必要があるので、これもわりとおおまかに作ってしまう。

それからデモスペースに掲げるパネルの手配。パネルはフォーマットが決まっている。会社としての展示会のテーマとロゴが上部にはいって、キャッチフレーズは何文字以内、図の大きさはどれくらいというふうに。これに合わせて原稿をパワーポイントで作成、デザイン会社さんに渡してパネルにしてもらうという寸法だ。

また、肝心要のデモの内容を考えなければいけない。特に先端技術を紹介する場合、多くの人に興味を持っていただかなければ製品化はおぼつかないからできるだけ親しみやすくわかりやすいデモにする必要がある。これが難しいのよ。今回はリアルタイムにグラフを表示することでプログラム導入の効果を目で見せることにしてみた(詳細はご容赦)

デモの内容が決まったら、機材を調達。昨今の緊縮財政のため新規購入は出来ず、ありものですませなければいけない。今回はパソコンやディスプレイは社内に転がってるのを拾ってきて、メモリを増設するだけですんだのでありがたかった。そのメモリも秋葉原で安いメモリを調達したのだよ。プログラムの導入と調整は研究所に持ち込んでやってもらい、グラフやその他プレゼンテーション部分は自分で作成(Javaで適当にプログラミング~)。

デモは会社全体のシアター・デモと対面で行うブース用の二種類を作成。シアター・デモのシナリオはコンパニオンさん用のものを早め(といっても1週間くらいまえだけど)に渡さないといけないので大変だ。それからチラシ。製品の場合は会社で用意したきれいなパンフレットがあるが、なにしろ製品になっていない技術を展示するのでそれをチラシにしなければいけない。これもパワーポイントで版下を作成して、業者さんに作ってもらうのだ。

そんなこんなでとっちらかりながら展示会を迎えるわけ。ここからは過去の回想だけど、展示会は10時から。9時にはブースにスタッフが集合してコンパニオンの皆様と朝礼。コンパニオンの皆様はみな元気で美しく、礼儀正しくクレバーだ。展示会って一般の人も入場できるからどんな人がやってくるかわからない(その昔、私は御老人に、「で、このコンピューターとやらはなんの役に立つのかね」と総花的な説明を求められて往生した覚えがある。「この16ビット、32ビットってなんですか?」とかね)。会場やブースの御案内からブース内の展示の特徴まで頭に一通り入っている必要があるし、臨機応変に対応しなければいけないのだ。あのボデイコンシャスなコスチュームと高いヒールでね。たいへんな肉体&頭脳労働で非常に疲れるだろうにコンパニオンさんたちは美しく微笑んでてきぱきとそれをこなすのだ。ひたすら尊敬。

また展示会では大量の名刺の交換が行われるから前もって名刺を増刷しておく必要がある。展示会が終わればいただいた名刺宛にお礼状をださないといけないしね。展示会は当日が目的ではなく、いらっしゃったお客様をいかにフォローするか、ビジネスの芽を見出すかが主要目的。実は労多く益少なしだったりするんだけど、これもひとつのルート・トゥ・マーケット。がんばるぞ~。

|

« おいしいつくねが食べたいときは | トップページ | クドカンやばい »

会社生活」カテゴリの記事

コメント

Nya先輩おひさしぶりです。
GW明けの展示会の準備って、そこまでものすごいものなんですね。
ただただ頭が下がります。
某所でのブランド論は終結を迎えて、現在はダイエット部が活動中。
目標体重に近くなったら「萩」にもぜひ行ってみたいですね。
北千住のバードコートにも行きたいし、今からよだれが垂れそうです。

投稿: 研太郎 | 2005.04.22 00:14

研太郎くん、コメントありがとう!

ポイントは展示会の仕事が私の本業ではないことですね。あくまで営業活動の一環。通常の仕事の傍らにやるわけですよ。とほー。
研太郎くんのブランド論にインスパイアされて私のブランド論を考え中、そのうち書くから読んでねー。

投稿: nya | 2005.04.22 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/3783519

この記事へのトラックバック一覧です: 展示会狂想曲:

« おいしいつくねが食べたいときは | トップページ | クドカンやばい »