« 宴のあと | トップページ | 明ける2005年 »

終わる2004年

第九を聞きながら年越しそばを食べる。 - 絵に描いたようなnya家の年越しだ。 

今年は災害が多く、平穏とはいいがたい一年であった。私的にも、自分の未熟さを痛感することが多く、40年生きてきていったい何をやっとるんだ私は、不惑なんて嘘っぱちだあ!と叫ぶこと数回。寛容な夫やよき友人、同僚に恵まれなんとかかんとか1年を乗り切ったという感じだ。本当に私は周囲に恵まれている。みんなに感謝を。そして来年はもっと前向きに、もっと思慮深く生きたいなあと思う次第。

こんな拙いブログですが、多くの方に見ていただきありがとうございました。来年も淡々と続けていけたらと思っております。どうぞ良いお年を!

20041231<今年のおせちはラ・ベットラのイタリアン..つーかつまみだな。賞味期限が元日なのですでに今日から食べてるよ。>

|

« 宴のあと | トップページ | 明ける2005年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終わる2004年:

« 宴のあと | トップページ | 明ける2005年 »