« チケット話 | トップページ | 今日の私 »

ひぐちアサ「おおきく振りかぶって」

物語が好きだ。それは本だったり演劇だったり映画だったりいろいろ。よくできた物語には力がある。魂ごとふわりと(時折は強引に)その世界にもっていかれるのだ。

そんな力のある物語に出逢い、その僥倖に喜び、次には大声で触れ回りたい高揚感にみまわれた。こんな気分はひさしぶりだ。ひぐちアサ「「大きく振りかぶって(既刊1.2巻。以下続刊)」。野球漫画だ。

お題は高校野球。新設の野球部。監督は得体のしれない女性(巨乳)。理論派の顧問。傲慢とも見える言動のキャッチャー。やんちゃな四番とチームメンバーと芯が強く愛らしいマネージャー。そして主人公。野球を愛し、誰よりも努力家で才能にも恵まれているのに、不幸な中学野球部時代の経験で萎縮してしまっているピッチャー。彼らできたばかりの野球部がすこしづつまとまって「本当の野球部になる」様子がきめ細やかに描かれている。切なくて爽やかで - そして登場人物すべてが前向きで愛らしい。

この作品が掲載されている講談社の月刊青年漫画誌「アフタヌーン」をその昔定期購読していた。ちょうどその時期に作者のひぐちアサがデビューしたのだ。繊細な描画に、真皮がむき出しのような(ファンの人ごめん)イタイ系の自虐的な性格の登場人物、容赦のないストーリー展開に当時はさほど興味はひかれなかった。その作家がよもやこのようにおお化けしようとは。嬉しい誤算だ。

人間の内面に深く沈みこんでいくような作風は、瑞々しい心理描写をそのままに外に向かった。ディテイールのこだわりは科学的な野球のトレーニングの表現となった。そして何より登場人物が前向きで魅力的だ。それはかつて主人公のピッチャーを疎み追い出した中学時代の野球チームのメンバーですら例外ではない。

彼らの葛藤と気づき、そしてピッチャーに対する謝罪とフォロー(と新しい挑戦)の描写は見事だ。この作品には敵キャラはいない。それぞれが仲間を得て、ともに戦い、己と向き合い、成長していくのだ。

まあ、読んで欲しいとしか言いようがない。面白くってはらはらしてそして読んだあとぐんぐん力がわいてくる。そんなプリミティブな物語。なによりピッチャーの三橋くんがネコみたいでかわいいし(キャラ萌えかよ!)

|

« チケット話 | トップページ | 今日の私 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/1581069

この記事へのトラックバック一覧です: ひぐちアサ「おおきく振りかぶって」:

« チケット話 | トップページ | 今日の私 »