« はぢめての婦人科検診「子宮がん検診篇」 | トップページ | 腐女子的高村薫考察 »

気がつけば負け犬

マル金マルビの昔から人はカテゴライズされるのが大好きである。最近のヒットのカテゴリーが「負け犬」。

そう、30代以上で未婚で子供を生んでいなければ「女としては負け」の人生なのである - そんなことない。お仕事楽しいし、収入は自由に使えるし、恋人だっているから充実している人生よ、などと反論してもそれは「負け犬の遠吠え」に過ぎないのだという概念。わたしも未婚以外はこの条件にあてはまり、常々「ああ、私は人類の遺伝子ビークルになり損ねたのだなあ」というそこはかとない敗北感、疎外感を感じていただけにこの概念には素直に納得した。

しかし「負け犬」というネガティブな言葉にもかかわらず、この概念は不思議に肯定的に受け止められている。
さしたる理由も無く結婚しない、なんとなく子供をもたないというこの感覚は30代以上のある傾向を持った女性に共通のものであり、それを誰かにカテゴライズしてもらいたかったのではないかと思う次第。

その傾向が何かについてはつきつめて考えたことは無いのだけれど。

ただ、そのカテゴリーにあてはまる私の友人をみると、よい仕事をし、周囲から評価され、私生活でも充実した趣味を持ち人生を楽しんでいる人 ?...って私が違うじゃん!
まあ私の場合、既婚であるため、厳密にいえば負け犬の定義から外れているが。
しかし夫は私の扶養家族だ。むしろキングオブ負け犬(クイーンか?)ではないかと思う。マンションのローンはきついよう(;-;)

|

« はぢめての婦人科検診「子宮がん検診篇」 | トップページ | 腐女子的高村薫考察 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

マンションお持ちですか。拝見するかぎり立派な「負け犬」っぽいですね。尊敬します。
「負け犬」ってことばは便利で、今までより仲間を見つけやすいので便利ですよね。「30代独身女性」とか、カテゴライズされてないとやっぱりまとめにくい。
言葉のよしあしは別にして、酒井順子さんに感謝!

「負け犬」って言葉を肯定的に捕らえられる人は、たぶん劣等感のない人だとおもいます。

「負け犬の人脈と金脈」というブログを機能立ち上げたんですよ。ぜひ遊びに来てください。メーリングリストにも是非登録してください。
って、ナンパしすぎ、、、。

投稿: natuna | 2004.06.11 00:29

natuna様、コメントありがとうございます。

なぜ肯定的にとらえられるのか、それは、この「負け犬」という言葉のあまりにトホホな語感が自分の「あーもー子供とかいないけどどーでもいいや」みたいな気分にしっくりあってしまったのかと思います。

「負け犬の人脈と金脈」を早速訪問させていただきました。金融系負け犬様!なのですね。尊敬です。これからもよろしくお願いいたします。

投稿: nya | 2004.06.11 06:27

いや、金融といってもなんちゃってです。
先ほどプロフィール公開しましたが、老後資金がたりなくて「それだったらリタイヤビザでマレーシアに5年行って節約して、帰ってきたら畑の周りで友達と自給自足の生活したいな」って思ったのがきっかけでいろいろ勉強し始めました。
 *私のページからリンクつけさせていただいてよいですか?
 *問題があったらご連絡くださいませ。

投稿: natuna | 2004.06.14 01:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/746258

この記事へのトラックバック一覧です: 気がつけば負け犬:

« はぢめての婦人科検診「子宮がん検診篇」 | トップページ | 腐女子的高村薫考察 »