« Le mystère de multilingue | トップページ | Le ruisseau »

Les huit coups de l'horloge


かちゃりと鍵穴に鍵を差し込む音。ドアノブが回って、ゆっくりとドアが開いた。

ぱたぱたぱたと軽い足音。まっすぐにキッチンの方に向かう。冷蔵庫やパントリーの開く音。時折漏れ聞こえる鼻歌。意味不明の奇声。

またぱたぱたと足音がする。ささやくような呼び声 「  -くん」

俺は寝た振りをする。もう少し近づいてきたら突然起きてびっくりさせてやろう。もう少し。

肩に触れる指。頬にさらりと髪のかかる感触。

さあ起きて、彼女の腕をつかんで -

ものすごい勢いで起き上がればそこには誰もいない。当たり前だ。一人暮らしなんだから。

朝の光に満ちた部屋にかんかんとセントラルヒーティングの音が響く。遠くの鐘楼で8時の鐘が鳴っている。

何の夢をみていたのだろう。憶えてはいないけれど、ひどく幸福で暖かな何かだった。ベットから降りて冷たい床に素足をつける。

俺はサイドテーブルに置かれていた携帯電話をとった。

「もしもし - 俺」

Fin

2007.4.10

liste

|

« Le mystère de multilingue | トップページ | Le ruisseau »