« La réponse(自答) | トップページ | 松山出張 »

Le soupir(吐息)

きらきらと光る無数の音の粒。

それは天から降り注ぎ、私を満たし -

いっぱいになって、やがて溢れ出す。

音の源泉。天の恵み。

それらは私のうちで紡がれて、輝くうつくしい調べとなって流れ出す。

やまない歓びは世界に伝播する。

わたしの内も外も光で一杯。眩しくて目を開けていられない。

この輝きはあなたのもとに届いているだろうか。ともに歓びを感じてくれているだろうか。

そう問おうとした刹那、優しい吐息が耳元でわかっているよと囁いた。

Fin.

2010.4.9 すてきなイラストに感銘を受けて(4.10 改稿)

Liste

|

« La réponse(自答) | トップページ | 松山出張 »